2013年10月31日木曜日

孤独と他者

 全き孤独はいかにしてあるのか。

 孤独とはどういうあり方をしているのか。それは、あらゆる他者との関係が断絶されたり、覆いを被せられることによってその関係が見えなくなっている状態、関係のネットワークが全て断ち切れている状態のようなものと考えられる。あるいは、その関係の対象をもう少し広げることも出来るかもしれない。しかしここでは、さしあたり関係の対象を人間に限定することにしよう。
 上では関係の「ネットワーク」といったが、人間関係は第一義的には「私と誰か」との関係であり、それは必然的にネットワークではなく、私を中心において、放射線状にのびることになる。孤独とは、端的にこの線が伸びていないこと、ないしは本来伸びてはいるが、それが一時的に見えなくなっている状態と考えられるであろう。

 インターネット上でも、孤独を嘆く言葉は散見される。パソコンに向かう私達は、発信相手がいても常に一人であるようだ。私も、 Twitter においても、このブログにおいてさえも、ほとんど不特定多数に対して語りかけている。特定されない他者へは、関係の線はのびづらいように思える。

 孤独であるというのは、それ自体としてあるのか、それとも欠如的な様態なのか。これは次のような思考実験をしてみると、すこし分かる気もする。すなわち、「世界にたった一人の存在者は孤独か」という問いである。関わりうる他者が一切存在しない、というのはなかなか考えづらい。そもそも「私がいる」ということが、誰かある存在者を前提としているからである。この問いには答えようが無い。私は哲学上で想定される神が好きなので、神が存在すれば、すくなくとも彼は孤独ではないだろう、とだけ答える。
 しかし、そもそも孤独を感じるのは、他者がい「ない」という欠如的な様態でしか無いのではないか。他者との関わりを前提として生きている私たちだからこそ孤独を感じるのではないか。個人化が進むとか、社会の分裂だとか、家制度の崩壊で家族がそれぞれ自分の部屋にこもる時間が多いだとか、表層的・表面的にも見えることが囁かれる時代だが、他者との関わりがそもそも前提となっている私たちの精神には、アリストテレスの「人間はポリス的動物である」という語りが通奏低音のように響いているように思えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿